スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

カテリーナさんをお迎えして

カテリーナさんを迎えての待望の多弦楽器ワークショップが開催されます。

第9回 キートス・カンテレ・ワークショップ「カテリーナさんをお迎えして」

(主催のToiさんより記事を転載させていただきました)

katerynaさん1


2012年最初のカンテレ・ワークショップは、ウクライナの伝統楽器、バンドゥーラの名手カテリーナさんを講師としてお迎えすることになりました。日本で本格的な活動を開始してから4年、最近は、個人レッスンやウクライナ語レッスンも開始しているそうです。いい機会ですので、みなさん、ふるってご参加ください。


■日時 2012年7月22日(日) 午後6時開場~9時ころまで (デモ演奏は7時~)
■場所 キイトス茶房
  新宿区箪笥町25番地 野吾ビル2階  03-5206-6657
 (大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩1分、
  東西線「神楽坂駅」矢来口より5分)北町交差点際

■参加費 お一人様2500円 (1ドリンク コーヒーか紅茶付き)
     ペアの方は、お一人2000円
■定員25名(または15組)。満員になり次第締め切らせていただきます。
ただし、出来るだけ沢山の方にご参加いただきたい企画ですので、交替立ち見も出る予定です(大型カンテレは立って練習します)。

●参加方法
キイトス茶房へ直接電話予約、キイトス茶房ブログのメールフォームからお申し込みください。



ワークショップの内容

★楽器に触れてみよう。バンドゥーラ4台、カンテレ大小8台、ハーポレック2台に自由に触れてみてください。
★カテリーナさんのデモ演奏。
カテリーナさんの金色の花など2~3曲。
★基本的な演奏法に教示と実習
バンドゥーラは4台なので、交替して実施します。その間、カンテレなどで。
★1曲弾けるようになろう。
★ウクライナ語で何か歌ってみよう。
★日本の歌も。
★盛り上げるために、μチェンバー・オーケストラが、ライアー、ハーポレック等でお手伝いさせていただきます。

カテリーナさんのプロフィール
katerynaさん2

1986年、ウクライナ・プリピャーチ生まれ。
幼少期より故郷の民族楽器であるバンドゥーラに触れ、演奏法・歌唱法の手ほどきを受ける。民族音楽団「チェルボナカリーナ」で活動する中で、10歳の時に日本公演のため初来日した。16歳からウクライナ・レフゥツキー音楽専門学校で声楽、バンドゥーラの演奏技術、音楽理論を本格的に学んだ後、2008年、音楽活動の拠点を東京に移すため再来日。
現在は日本で活動する数少ないバンドゥリストの一人として、また、ウクライナ民謡・日本歌曲・クラシック・ポップのヴォーカリストとして、国内ツアーの開催やライブハウスでのパフォーマンスなど、精力的な活動を行っている。

バンドゥーラ
バンドゥーラは55~65弦チター系の撥弦楽器(クロスストラング・クロマティック架装)です。初歩用の楽器は、主にト長調/ホ短調を演奏する固定音楽器、演奏会用の楽器は、7本のシフトレバーにより、自由に調を変えることができます。

カテリーナさんのサイト
スポンサーサイト
Date: 2012.07.06
Category: レッスン
Comments (3)
Trackbacks (2)

ウクライナでの通常レッスン

ウクライナでバンドゥーラのレッスンを受ける。

バンドゥーラのレッスンを最後に受けたのはもう2年前の2010年だった。ウクライナへ引っ越してきてもう半年以上になるけれど、生活が不安定でレッスンを受けるような状況ではなかった。今でも不安定ではありますが時間はあるのでやるべきことをやらなければならないということで、今日からレッスンを受け始めました。

これまでにウクライナでレッスンを受けたことはありましたが、ここへ住んで定期的にレッスンを受けるということにある種の緊張感がありました。しかしそれは考えすぎで先方も心配せずにきてくれといってくれた。丁度これから春が来るので迎えるのにもいいと思っていたところでした。

今日最初の授業は、というよりは「友達だから初回は無料」と言ったので笑ってしまった。先ずはこちらの練習パターンを見てもらってそれについてのコメントです。私の場合はある程度弾けるようになってからバンドゥーラを習う環境が整ったのがこれが初めてで、ほとんどの場合我流で通していた部分があります。それを直してくれたのがアメリカのバンドゥーラキャンプであり、ウクライナでのレッスンだったのです。(カナダ初期のレッスンについてはまた別の機会に)

やはり基礎を習うと言う事の大切さを痛感しました。私の場合どうしても緊張が伴うので腕や指に力が入りすぎる、リラックスして音を出す事ができていない、いつも手にミカンを持っているようにやわらかく、そして強く弾く様に再三いわれました。

実はこれと同じアドバイスを日本で受けた事があります。日本に3人いるウクライナ人バンドゥーラ奏者のうち二人と知り合う機会があり、そのうちの一人に会う度に指にと腕に力が入りすぎている、もっとリラックスして弾かないと駄目など。やはり実力のある先人の言う事は正しいと改めて思いました。

教わると言う事は自分の持っているものを、あえて言えば、壊されて、納得させられ、修整させられる痛い作業であり、それを受け入れないと上達はできないプロセスなのですね。英語でノーペイン、ノーゲインと言う言葉がありますが、まさに「痛みなくして上達なし」当為ことを改めて実感しました。

でも先生は友達でもありいろいろな話も出来て、その上また目からうろこも落ちたし楽しかった!

もっと早くレッスン再開すればよかったと思いました。
Date: 2012.02.22
Category: レッスン
Comments (0)
Trackbacks (0)
Profile

佐久間チューク

Author:佐久間チューク
バンドゥーラを弾いています。この楽器を日本で普及させるのが私の夢です。バンドゥーラについての疑問や質問などの情報交換の場になれば幸いです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。