スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

バンドゥーラ普及の会(仮)

2012年3月18日(日)、吉祥寺にて歴史的な会合が行われました。

タイトルはありませんが題して「バンドゥーラ普及の会」第一回の旗揚げ会談でした。これは私の側から言わせてもらうと日本でバンドゥーラを普及させるためには、私が年に一回帰国してその時にセミナーを開いて参加者に体験してもらう、では楽器を習うまでケアする事ができないために、どうしてもバンドゥーラを弾ける人にその協力してもらう必要がありました。

同時にバンドゥーラの普及に関して他の楽器との演奏の可能性や、誰でも参加できるような環境を率先してやってもらう必要。そして同じく楽器の普及には楽器そのものに手を触れる必要があることなどから、このブログで既に紹介したToiさんには主催者的な経験と運営を任せられる貴重な人材であるため、ご多忙中の中時間を裂いてもらいました。

丁度この機会に是非ともバンドゥーラのレッスンを受けてみたいという女性にも参加を願いました。ユニラさんはToiさんの主催したバンドゥーラセミナーに参加してバンドゥーラの魅力に取り付かれてしまい、Toiさんの所有するバンドゥーラのひとつを借り入れて日夜独学の努力している人。日本でバンドゥーラのレッスンが受けられる体制が整えば、アメリカのバンドゥーラキャンプ(後日説明)に参加する必要もなく習得できる。さらに、バンドゥーラに興味を持つ人は恐らく女性が多いだろ言うという見地から、彼女の興味と習いたいこと等の意見を聞かせてもらえる機会を得ました。

この日の要はなんと言ってもバンドゥーラを職業としているプロの演奏者。ウクライナから日本へ来てバンドゥーラの演奏をしているカテリーナさん。カテリーナさんとは偶然が重なってリヴィウのバンドゥーラ工場へ案内をさせてもらったという経緯があり、今回は日本での普及の中心としてバンドゥーラ・セミナーでのデモ演奏、体験レッスンにおける援助、そしてバンドゥーラを普及させるもっとも大切なレッスンをしてもらう事。もちろんカテリーナさんの華麗なる歌と演奏の機会もあわせてお願いしたいところでした。

今回私がした主な事はこの総勢4名の予定をまとめることにあった。やはりこういうったビジネス的なミーティングには顔を付き合わせることが一番大事で、仕事は顔でするものだとはよく言ったものだと思う。お陰様で話は順調に進み、Toiさんとは彼の主催するバンドゥーラや多弦楽器のセミナーでの講師、ゲストとしての参加。お互いのチラシなどの配布を助け合い、今後の予定をどうするか決め始めた。一方のユニラさんとは女同士という事もあり、個人的な付き合いを兼ねて試しにレッスンを開始して、互いに意見交換をするという次第。折角なので私がバンドゥーラを少し弾き始めたところ、カテリーナさんに素早く悪い癖を指摘されました。やはりプロの人に診てもらうことの大切さを実感しました。

このようにして小さいながらも素適な協力者の下に、バンドゥーラの普及が活動し始めました。これからの予定はこのブログにもどんどん載せてゆきますので、バンドゥーラに興味のある方はどうぞ遠慮なくご参加ください。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Date: 2012.03.18
Category: バンドゥーラ
Comments (3)
Trackbacks (2)

どんな楽器を選ぶべき?#1

初めての楽器はいつの場合にもたくさんの不安が付き物です。特に初心者の場合はその楽器が自分に合っているものなのか、続ける事ができるのか、辞めた時のダメージ(金銭的)はどうなるのかが付きまとってきます。

私もバンドゥーラを始めるときは同じ問題を抱えていました。幸いにもバンドゥーラを教えてくれる人が見つかり、その人の口添えで楽器をレンタルする事になり、途中で辞めても懐はあまり痛まないと言う好条件が揃いました。

日本でバンドゥーラを始める場合には、上のリスクが付いてきますので相当の覚悟が必要になります。しかしそのような逆境でも敢えてバンドゥーラを追求しようと思うならば、むしろ自分に合うかどうかは楽器の方から判断してくれる可能性がでてきます。と言うのも、バンドゥーラは簡単に手に入らないから、必然が向うからやってくることも考えられます。

ここしばらくインターネットオークション大手のイーベイ上には、かなりの数のバンドゥーラが出展されていました。一番安いもので200ドル(16000円)、高い物で4000ドル(33万円)でした。ただし高い骨董的な楽器はここで取り扱わないので、最高では750ドル(61000円)と言う値段になります。

数量的には5台の楽器が出ていましたので、やはりネットオークションは選ぶチャンスが多いといえます。(浮き沈みはありますが、、)ウクライナへ出向いても楽器を比べるどころか、見ることも無しに帰国する可能性が高い事を考えると、これは相当に便利ですね!

試しに出展されている楽器の値段の平均値を出してみますと、63000円という数字が出ました。送付元を見るとほとんどがウクライナからの出展で、一台だけアメリカからということになりますから、やはりネットは本当に便利です。(ただしアメリカの物は国外送付しないとの事)

そして送料も平均を出すと大体15000円ですから、合計で約8万円という数値が出ました。これを高いか安いかは個人の判断にいりますが、私の経験からするとまずまずと言った感じです。

次にネット上で購入できるキーウモデルの楽器には、今回は出ていませんが稀に他の2種類の楽器が登場します。
Date: 2012.03.04
Category: 楽器について
Comments (0)
Trackbacks (3)

楽器をゲットする方法#1

なんと言っても楽器は手に入れなれば始まらないので、順不同で入手可能な方法を書き出して見ます。その前にどういうバンドゥーラが手に入るか、そしてどういったタイプを欲しいのかを決めておく必要があります。

その気になればさまざまな種類の楽器を手に入れることが可能です。しかしながら骨董的楽器の場合、弦の問題、楽器の耐久性、そして奏法の問題も出てくる可能性があります。さらに種類別のスタロスヴィツカやハルキウ・バンドゥーラも入手可能ですが、これらも奏法がいわゆる一般的なキーウ・スタイルではないので、独学で習得する気が無いと後で困ります。私や日本在住のバンドゥーラ奏者が現状で助けられるのは、キーウ・モデルに限定されます。

次に入手方法です。
1.日本にいながら入手する方法。
2.海外へ出向いて入手する方法。

今回は1.について説明します。やはり日本に住んでいる状態で楽器を手に入れられるのは、忙しい日本人にとっては最良の方法と言えます。

インターネットオークションを利用すればとりあえずは手に入れることが出来ますし、それで手に入れた人が私を含めて4人いることを確認しています。(私が直接、間接的に聞いたと言う意味。カナダにいたときにアメリカから取り寄せたこともある)

良い点:比較的種類が豊富。
    従って比較検討がし易い。
    郵送してくれるので待つだけで良い。
(ウクライナへ行けば選び放題だろう?と思った人は他の記事も読んでください)

悪い点:オークションへの申し込みや支払いの口座などを開く必要がある。
    楽器を手にとって試せない。
    重いものなので送料や、場合によっては税金もかかる。
    無事に送ってもらえるか、などの不安が付きまとう。
(手にとっても初心者には選び方が判らないから無視できる)

ウクライナへ行く人に買ってきてもらう方法。
先ずウクライナへ行く人が身近にいるかどうか、その時点から難しいでしょう。そしてその人に楽器を探してもらって、買って、持って帰ってもらうというのは至難の業です。

製造元に注文する(カナダ編)。この方法は悪くありませんがヴェッツル・バンドゥーラはハルキウ・スタイルしか作っていませんし、値段も不明ですが20万円以上とのことです。それでもいいのでしたらボディがグラスファイバーのバンドゥーラもありますし、前衛的なハルキウ・スタイルや独自の奏法を追及する人には向いていると言えます。アメリカのハープ奏者がサブ楽器として使っているようです。

工場へ注文する場合(ウクライナ編)。現在のウクライナではバンドゥーラを作っている工場がリヴィウにあるだけです。一般にリヴィウ・バンドゥーラと呼ばれるこの楽器はチェルニーヒウと若干の相違があります。しかし現在進行形の会社なのでこれから普及していく事は間違いありません。ただし日本から注文するのは言葉の問題(むしろ文化的問題)などがあり物凄く大変です。私もカナダから注文しましたがやり取りが難しく2年近く掛かってしまいました。(ここでは大別して2種類の楽器がありますが後述)

以上の見地から、日本でバンドゥーラを手に入れるにはインターネットオークションが一番便利で近道と言う事がいえます。

先ずはイーベイなどの有名サイトで「bandura」と英語で検索してみてください。
Date: 2012.03.03
Category: 楽器について
Comments (0)
Trackbacks (2)
Profile

佐久間チューク

Author:佐久間チューク
バンドゥーラを弾いています。この楽器を日本で普及させるのが私の夢です。バンドゥーラについての疑問や質問などの情報交換の場になれば幸いです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。