スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

#6バンドゥーラとの出会い

幼児のウクライナ舞踏団にいかにして入団するか?

非常に難しい問題だと思う。自分に子供がいたらその子が入るべき年齢の集団。しかし、成せば成る。やらねばならぬ。何事も。適当に自分の「子供を入団させるグループを探していますが、先ず自分が入ってみて納得できるかどうか試したいのです」当時は本当にそんな事を考えていたと思う。何よりも情熱が先走りしすぎていた。

昔ミクシーの日記にも書きましたが、習い事の男女比率と言うものがあるのです。男の集団はスポーツが中心。そして女は歌と踊りとが中心になろうか?その女の中心に男が入っていくのですから、向うが喜ばないはずがありません。しかし相手が幼女ではどうでしょう?

私見から、日本における幼児のバレエの男女比を考えると、その比率は50:1位ではないかと思う。要するに男一人に女50人と言う、男にとっては夢のようなパラダイスが待っている。でもそれは年齢とともにその比率は変わるが。どんなに頑張ってもバレエの男女比は20:1以上にはならない。何故か?女の子にいじめられるからだそうだ。

本来ならば50分の一の確率でダンスのペアを組めるチャンスが来たら、たとえ踊りが下手でも感謝すべきだが子供は残酷です。幼少時代は成長の早い女の子が男の子の心を傷つけてしまうらしい。

男の子はサッカーとかをしたいところだけれど、母親の夢を叶えるべく行きたくもないバレエをさせられている。そして外では男の子からの虐めが待っているのだ。

翻ってウクライナダンス。子供が何かを始めるのは基本的に親に連れて行かれて始める場合がほとんどです。ウクライナダンスもほぼ例外なく同じ過程をたどります。それがバレエのような悲惨な比率にならないのは、そこに民族文化としての背景があるからです。

カナダで子供が参加できるウクライナダンスのグループは、教会と関係しているところが多い。もちろんウクライナ教会です。教会ではもちろんウクライナ語での説教をして、日曜学校では聖書の授業にウクライナの歴史などの勉強もあります。(それを某国正教などと思わないように。エドモントンにはそんな言葉も無いし、ウクライナ正教は本国ウクライナでも中心から東方面にしかないのです)

さらに教会の文化活動の一環としてウクライナダンスを取り上げる事が多いのです。そう言う環境の中では安心してウクライナダンスを習うことができる。後に私もダンサーとして子供たちの前で踊った事も何度かありますが、成人男性が踊るウクライナダンスのそのかっこいい事!

その迫力に子供たちは憧れを持つようになります。「僕の体の中にもあのコサックの血が流れているんだね」そう思った男の子達はもう他からの虐めがあっても平気。むしろそんな事を言うような人がいないほどウクライナダンスは普及しています。
スポンサーサイト
Date: 2012.05.28
Category: 私とバンドゥーラ
Comments (0)
Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【#6バンドゥーラとの出会い】 from まとめwoネタ速neo
幼児のウクライナ舞踏団にいかにして入団するか?非常に難しい問題だと思う。自分に子供がいたらその子が入るべき年齢の集団。しかし、成せば成る。やらねばならぬ。何事も。適当に... >>READ

2012.05.28

Profile

佐久間チューク

Author:佐久間チューク
バンドゥーラを弾いています。この楽器を日本で普及させるのが私の夢です。バンドゥーラについての疑問や質問などの情報交換の場になれば幸いです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。