スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

#1バンドゥーラとの出会い

バンドゥーラにかかわって10年以上経ちました。
と言う事はウクライナのコミュニティーとも同様の付き合いがあるということです。

カナダに長いこと住んでいましたがその大部分は西部のエドモントン市でした。エドモントン市に住むウクライナ人のことを別名「エドモントンチューク」と言います。

ウクライナ人の名前の多くは「なになにスキー」「どこそこエンコ」「これこれチューク」そこでエドモントンに多く住むウクライナ人のことを「エドモントンチューク」と呼んだりします。

エドモントンは北米の中でももっともウクライナダンスが盛んで、その数は既に本国ウクライナをもしのぐほどになっています。ウクライナダンス協会というものがあり、インストラクター同士の会議なども開かれているほどの規模です。

エドモントンに住んである程度の芸術的アンテナを張っていれば、自然と案内が耳に入ってくるわけです。何故か東欧文化に哀愁を感じていた私は、まだよく分からなかったウクライナダンスの公演に行ってしまいました。

感動を文章で書くのはまさに筆舌し難いことですが、私は感動のあまりその場所に張り付いてしまいました。運のいい事に生演奏つきの今では珍しいカラオケ伴奏でないダンスに感銘を受けました。

笑いあり、怒りあり、コザックの戦いあり、恋愛あり、別れがあり、夫婦のいざこざがあり、女性の恋心あり、お笑いあり、もう本当に何でもありのテンコ盛りです。
ホパックDauphin
(マニトバ州のカナダ一巨大なウクライナ祭り。常設野外ステージは1万席もある)
スポンサーサイト
Date: 2012.02.19
Category: 私とバンドゥーラ
Comments (0)
Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


Profile

佐久間チューク

Author:佐久間チューク
バンドゥーラを弾いています。この楽器を日本で普及させるのが私の夢です。バンドゥーラについての疑問や質問などの情報交換の場になれば幸いです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。