スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

#3バンドゥーラとの出会い

ウクライナダンスを観るたびに躍動感に浸ることができた。
チェルモッシュ・ウクライナ舞踏団・エドモントン

この感動を何とか日本に伝えなければならない。これが本物のコサックダンスだという事を伝えなければならない。コサックダンスとはウクライナダンスそのものであることを伝えなければならない。そう言うことを考えているうちに私の行動範囲は日々広まって行きました。

ダンス公演がないときにはアルバータ大学にあるウクライナ学科へ出向いて、そこの図書室にあるビデオを借りて研究するまでになしました。結果としてそこのビデオを読破ならぬ覧破してしまいました。

通い詰めたのでそこを担当する叔母ちゃんと親しくなりました。彼女は私には何の手続きもせずに欲しいビデオを貸してくれたました。おまけに学部の予算で新しいビデオを購入するときに、私が見たいものがあったら予算で買うことが出来るとまでいってくれたのです。

あるとき東欧文化シリーズビデオ4巻全集を借りてそこで見ていたとき(面白い事に日本の企画のビデオ)、そこで初めてバンドゥーラの演奏を見たのです。見たかったのはあくまでもウクライナダンスでしたが、見ているうちにバンドゥーラになったので続けて見ていたのでした。

歌を歌いながらのソロの伴奏でのバンドゥーラは、、、

もうこれ以上の暗く悲劇的な演奏はないというほどで、途中でビデオを見るのを止めてしまいました。「オレはこんな暗い音楽なんか絶対にやりたくない」と思ったものです。

これがバンドゥーラとの初対面の印象でした。

今では世捨て人となりバンドゥーラに関わっているのですから人生わからないものです。
スポンサーサイト
Date: 2012.02.23
Category: 私とバンドゥーラ
Comments (0)
Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


Profile

佐久間チューク

Author:佐久間チューク
バンドゥーラを弾いています。この楽器を日本で普及させるのが私の夢です。バンドゥーラについての疑問や質問などの情報交換の場になれば幸いです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。